千葉県生涯大学校 ボランティアネット

ボランティア内容

中学校での陶芸サポートボランティア 2(素焼編・サポート研究編) 「感謝の気持ちを“桜”にのせて―卒業生に贈る陶箸置きの制作―」
カテゴリ
  • イベント
  • ボランティア
日時 平成28年1月13日/平成28年1月15日
場所 一宮町立一宮中学校(在校生7名と学級担任の先生1名)および、生涯大学校外房学園陶芸室
募集団体者 千葉県生涯大学校 外房学園陶芸科 1B有志(千葉県生涯大学校 外房学園陶芸クラブ)
160113p1

この日は、乾燥が終わった作品を、素焼きの窯に入れる作業を行いました。

生涯大学校陶芸講師(吉野)と、一宮中学校学級担任の西尾先生とでやるつもりでしたが、「せっかくなので生徒を呼んでみます」との一声で、中学生のみんなが手伝ってくれました。

「これが、焼き物の窯なんだ~!」と初めての窯入れ体験にドキドキしながら楽しんでやってくれたようです。

ここでは、今回の陶芸サポートボランティアにあたって、皆さんが試行錯誤をしながら研究をしていた記録の一部を紹介したいと思います。

12月から1月にかけて生涯大学校陶芸教室の傍らでおこなってきました。

160113p2

テストピースとして作っておいた作品を実際に素焼きし、その施釉方法においてどういったやり方が今回のサポートプロジェクトでは最適なのか、意見を出し合って実際に試してみる方法を取りました。
何通りかの施釉方式をそれぞれ皆が数個ずつ試しています。

160113p3

裏側のふき取り方も、子どもたちがやる際の説明の仕方とあわせて検討を重ねています。

160113p4

この写真は、1枚あたりの(窯内の)棚板に最大で何個の作品を並べられるかをシュミレーションしたものです。

結果は25×25の棚板に、約40個並べることができ、最大5枚の棚板を使って約200個の作品が本焼きできる、という結果になりました。
さあ、これで施釉本番の日が待ち遠しくなりました。

【レポート:陶芸科講師 吉野】

一覧に戻る