千葉県生涯大学校 ボランティアネット

地域活動センターについて

我々の周りには、身近なものから広がりのあるものまで多くの社会的課題があり、その解決は一朝一夕にはいかないのが現実ですが、私たちができる解決方法として、以下の「地域活動とは」にあるように、自治会活動、ボランティア活動などから始まり事業手法を用いるものまで各種の地域活動があります。

生涯大学校には長年各種の学校,企業、団体、職域等においてそれぞれ専門の学習をし、キャリアを積んだ方々で、更に、自身の知性を磨き、新しい仲間作りの為に多くの方が入学してこられています。

卒業生も多く輩出しています。

当大学校の学生、卒業生が、蓄積し、磨きをかけた知識、技術その他の課題解決のノウハウを持ち寄り、様々な方法で社会的課題の解決に向け行動することで、地域社会へ貢献することができます。

学生、卒業生が更に他のシニア世代の方々と、又世代間交流を通して活動することができれば、一層意義深い社會貢献へと発展することとなります。

この地域活動センターは、より多くの方々が、このような地域活動に参加できるシステム作りを目指し、情報交換の場として開設しました。

地域活動とは

千葉県生涯大学校マスタープラン(平成24年3月)では
  • 「高齢者の日常生活の積極的支援」
  • 「街の景観整備、公園・学校・市街地等の樹木や花壇の整備」
  • 「介護・福祉施設、老人ホーム等でのボランティア」
  • 「学校、公民館等での学習活動の支援」
  • 「民生委員・児童委員として地域福祉の推進や自治会役員として自治会活動」
  • 「地域の祭りや催事の企画運営、観光ボランティアガイド等行い地域の活性化図ること」
等が地域活動として期待されています。

地域活動は、一般的に、地域の社会的な課題を解決するために、自由意思のもとに参加し、行われる自発的、継続的、計画的活動であって、宗教・政治・営利を目的にしない活動と理解されていますが、明確な定義はされていません。

実態として、自治会活動、町内会活動、コミュニティ活動、ボランティア活動、NPO事業、市民事業、市民活動、市民運動、社会的事業(ソーシャルビジネス)、社会的起業、コミュニティビジネス等と呼ばれています。